« Faces (Greater Vision):hide-tan訳 | トップページ | ファミリーバイスタ(ノアの箱舟-2-)「永遠の行き先」 »

2011年1月17日 (月)

パンより素敵な微笑み?

私が住んでいるシリコンバレーは、全米で最も物価が高いと言われている地域ですが、スタンフォード大学を有するパロアルトはセレブな街といっても過言ではないようなところです。私の教会もパロアルト市内にある関係で、エリート富裕層が多い感じです。
その一方で、私たちの教会ではアルコール依存症や薬物依存から立ち直ろうとしている人や社会的困窮にある人を手助けする働きもしています。ということで、貧富の差が非常に激しいのですが、今日の牧師からのメッセージはちょっと辛口でした。

明日の生活にも困っている人々がこの教会にいる中で、困窮状態にある人に裕福な人が挨拶をする。
そこでお金持ちの方が思う。「ああ、いいことをした。彼らは社会の底辺にいるけれども私のようなものに微笑みかけられた。彼らはパンよりもっとよいものを与えられたはずだ」と。
そのように思う人がいれば、その人は自分をサインを求められるようなセレブな有名人とでも思っているのか。そのような人からどうやって神への信仰がいのちが生み出すのだと伝えられるのか。行いの伴わない信仰は死んでいるとはまさにこのようなことなのだ。こういう礼拝説教でした。Img_7181

私もどこかで、自分を他の人と比較して、こういうトンでもない勘違いの態度を取ってしまう者ではないだろうか。行いで表す信仰とはどのようなものか、考えさせられた日曜日の朝でした。


|

« Faces (Greater Vision):hide-tan訳 | トップページ | ファミリーバイスタ(ノアの箱舟-2-)「永遠の行き先」 »

聖書・教会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Faces (Greater Vision):hide-tan訳 | トップページ | ファミリーバイスタ(ノアの箱舟-2-)「永遠の行き先」 »