« 福音のエッセンスを1分間で。Gospel in 1 minute. | トップページ | Faces (Greater Vision):hide-tan訳 »

2011年1月16日 (日)

ファミリーバイスタ(ノアの箱舟)

家族そろって英語(使っている聖書は次女ayumiのAdventure Bible for Early Readers) の聖書を読んでいくバイブルスタディは、今、ノアの箱舟のところをやっています。最近、創世記6章1節から7章16節までをやりました。
162605_1265965385305_1714909714_464
全地の人々は神を忘れて自分勝手に悪い行いにふけっている状態でした。神はあまりに人々の悪行がひどいので滅ぼし去ろうと思いました。しかし、その中でノアは神のみこころにかなった歩みをする正しい人でした。このノアがいたからこそ、私たちが残されたのです。ノアの神への従順が私たちにいのちをもたらしたのです。私たちも神さまに従って歩み、いのちを伝えて行きましょう。(レッスン1)

神様はノアに箱舟を作るようにお命じになりました。その設計図は、多くの動物を入れるに十分な大きさで、しかも転覆しにくい寸法で浸水しにくい工夫までされていました。神は知恵あるお方なのです。ノアは神のことばに一言違わずに従いました。私たちも神の知恵に信頼して従いましょう。(レッスン2)

神はノアに箱舟に動物を入れるように命じました。そのあと、神はご自身が言ったとおりにされました。ノアは神に忠実でしたが、神もご自身のことばに忠実なお方です。気まぐれな感じで「やっぱりやめとくわ」とは言いません。洪水は来たし、約束どおりにイエスは来られたのです。
だから、聖書に書かれている神様の約束は必ずそのとおりになります。イエスは必ず世を裁くために戻って来られ、イエスを信じる私たちは救われます。神様は「やっぱりやめとくわ」とは言いません。私たちはご自身の言葉に忠実な神だからこそ信頼をよせて歩むことができるのです。(レッスン3)

ノアがすべての動物と家族を箱舟に載せたあと、扉を閉められたのは神でした。「この扉を閉めたら、他の人々は滅んでしまう」そう信じていたノアは扉を閉めることができなかったのです。神を信じていて心やさしいノアは、人々に最後まで「この箱舟に乗ってください!」と呼びかけていたのでしょう。
私たちも、たとえある人に神様の言葉を拒絶されるようなことがあっても、その人の人生を神が終えさせるときまで、神のことばを開き続け、祈り続けることが大切です。「あの人は神を拒んだんやからもうええわ」とは決して言ってはならないのです。ノアが最後まで扉を開け続けたように私たちも、神のことばを開き続けなければならないのです。でもやがて人生には終わりは来ますし、この世にも終わりがやってきます。それは神が必ずもたらすものです。神がノアの箱舟の扉を閉められたのは、裁きは人が行うのではなく、神が行うものであること、その裁きの責任はノアにはないということ、神のみことばを伝え続ける私たちには神を拒んだ方々が受ける裁きへの責任はないということを表しているのです。私たちがなすべきことはイエスの十字架という箱舟の扉が閉ざされる瞬間まで「ここに逃れてください」と叫び続けることなのです。(レッスン4)



【送料無料】Adventure Bible for Early Readers-NIRV[洋書] 【送料無料】Adventure Bible for Early Readers-NIRV[洋書]


販売元:楽天ブックス

楽天市場で詳細を確認する

|

« 福音のエッセンスを1分間で。Gospel in 1 minute. | トップページ | Faces (Greater Vision):hide-tan訳 »

聖書・教会」カテゴリの記事

コメント

さおこさん
子どもたちも楽しみにしていますが、大人も子どもの反応から学ばされることがあります。

投稿: hide-tan | 2011年1月17日 (月) 15時36分

家族で聖書を読むのは祝福の一時ですね。(*^^*)

投稿: さおこ | 2011年1月16日 (日) 19時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 福音のエッセンスを1分間で。Gospel in 1 minute. | トップページ | Faces (Greater Vision):hide-tan訳 »