« ファミリーバイスタ(マルコ5章-2-)すべてをひっくり返す神さま。 | トップページ | ファミリーバイスタ(創世記11章)足してびっくりセムの家系 »

2011年1月28日 (金)

ファミリーバイスタ(バベルの塔)神の命令、約束、憐れみ、ご計画。

今日のファミリーバイブルスタディ。家族で今日も英語で聖書を読んでいます。
創世記11章1〜9節、バベルの塔の話。今回のポイントは4つです。

1:神の命令を守って歩むこと
ノアの箱舟の洪水のあとで、神が生き残ったノアの家族に命じたことは、人々が「全地に増え広がるように」ということでした。しかし人々はそのような神の命令を知りながら無視してひとつの場所に集まり、力をつけようとしました。
神の命令を知りながら従わないのは神に反逆することです。
クリスチャン、ノンクリスチャンに関わらずそういうことはないかどうか、考えてみたいものです。

2:神の約束を信じて従うこと
人々は力を合わせれば神に対抗できると言って、洪水が再び来ても大丈夫なくらいの塔を建てました。神の裁きは来てもこれくらいのものだろうと見くびっていたのです。

しかし、神の裁きはどれほど高い塔を建てても逃れることはできません。
鼻で笑ってやり過ごすことのできるものでもありません。

彼らは「もう全人類を滅ぼすような洪水は起きない」という約束を信じて神のことばに従うべきだったのです。神の言われたことばを信じないことが罪のはじまりなのです。(そもそもアダムとイブの罪も神のことばを疑い、従わなかったことから始まりました)私たちも御子イエス・キリストを信じれば救われるのだという神の約束を信じて安心して神に従うべきなのです。

3:神に逆らおうとする人々への神の憐れみ

神は人々の「神に対抗しよう計画」を成し遂げさせないように言葉をいくつもの言語に分けられました。これは再び全人類に罪が蔓延し、神が彼らを再び全滅させないようにするための憐れみの措置でもありました。
私たちはときに神から離れ、自分の力で自分を引き上げて(それがこの世の成功であったり、立派な人間になろうとすることであったり)神に対抗しようというような誘惑にかられるのではないでしょうか。神を自分と同じレベルで批判したりしていないでしょうか。(神はこうでなければならない、とか)私たちは弱く、誘惑に陥って神に逆らう立場に身を置いてしまうかもしれません。だから私たちも神様のお心に沿わないことをしているならそれを止めて下さいと祈りましょう。

4:神のご計画は「必ず」成し遂げられる
神がこのようにされたもうひとつの目的は、神の"人々を全地に増え広がらせよう"という人々のための計画を成し遂げるためです。そして神の計画はこのように必ず成し遂げられるのです。主イエスの十字架も復活もそうでした。
それでは、これからおきる神の計画はどうでしょうか?
イエスさまが再び来られるという計画は、「やっぱりやめとく」という可能性は・・・子どもたち:「ない!」

そうです。世の終わりに御子が降りてきて世を裁かれる計画も必ず起きるのです。

実は、神様は私たちひとりひとりにも計画をもっておられます。
そして私たちそれぞれのための神の計画は良いものなのです。
あなたはその計画に沿って生きていますか?
神の計画にうすうす気がついているけれど、知らないふりをしていませんか?
「私の人生のうえに神の計画がなされますように」と祈りましょう。
163879_1275450622430_1714909714_478

|

« ファミリーバイスタ(マルコ5章-2-)すべてをひっくり返す神さま。 | トップページ | ファミリーバイスタ(創世記11章)足してびっくりセムの家系 »

聖書・教会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ファミリーバイスタ(マルコ5章-2-)すべてをひっくり返す神さま。 | トップページ | ファミリーバイスタ(創世記11章)足してびっくりセムの家系 »