« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月29日 (火)

震災復興のための募金の呼びかけ

昨日の日曜日(3月27日)にPeninsula Bible Churchの礼拝(1回の礼拝が数百人規模で2回礼拝しています)で日本のためのお祈りのリクエストと募金のアピールをさせてもらうことになりました。募金箱を設けてベークセール(手作りのお菓子などを販売)を行い、同時に子ども達に折り鶴やカードを作ってもらい、ひとつにつき$1をわたしが募金しました。
Img_7769
妻nori-tanのお友達が前日と当日にたくさんやってきて、多くのケーキやクッキーを捧げてくれました。
また、日本語のバイブルスタディに参加してくれるようになった韓国系アメリカ人のmattさん(仮名)が料理学校で古代小麦粉(Kamut)を使ったパンを大量に焼いて来て下さいました。あまりの多さと、車で30分ほど走らせて届けに来てくれたことで涙が出そうになるくらいの感激でした。
Img_2393

妻nori-tanは、朝から夜中まで走り回り、歩き回り、わたしは原稿に取り組みながら子どもたちのアクティビティの準備をしました。

結果は大成功で、多くの人が募金ブースに列をなして(とくに募金ブースを開いた直後)いきました。
クッキーやケーキにつき2-3ドルの寄付をいただければ・・・と思っていましたが、それ以上に捧げてくれる人や、「商品を節約するために」と言ってお金を入れるだけの人、そして100ドル札が投げ込まれたり、ドル3桁が書かれた小切手が次々と集められました。募金は教会を通じてキリスト教系慈善団体に振り込まれる予定で、教会の会計に集計してもらっているところです(わたしの予想では100万円越えてもおかしくないほど)。

礼拝で数百人の前で日本への祈りとサポートを呼びかけるためにスピーチ原稿を英語で書きました。
このときに心がけたことは以下のことでした。

1:日本で起きていることを正確にわかりやすく伝えること。
2:意図的に人の感情や良心に訴えかけるような内容にはしないこと。
3:聖書の原則に照らして語ること。
4:かといって、説教っぽくならないこと。
5:時間内にちゃんと収めること。(これは無理でした・・・)
6:御霊に導かれて書いた原稿であること。
7:できるだけ感情を抑えてしっかりと語ること。
8:語りかける人々への思いやりに満ちたものであること。

実は、このような原稿を書くのはわたしの中でかなりの葛藤がありました。
というのは、わたしが感じるだけならいいのですが、少なくとも私の周りではクリスチャンより、ノンクリスチャンの方が日本を助けようという反応が早くて熱心だという気がしていました。それはたぶんこちらのクリスチャンがこう考えているからだと思っていました。

「日本人は金持ちで、それゆえかどうか知らないけれど高ぶって神を信じようとしない。そんな人たちに労力や資金を割くよりも、貧しくて神を素直に受け入れる国々をサポートした方がよい」

日本人は金持ちで不信仰というイメージと『市場原理』がアメリカの教会を支配しているのではないだろうか。そういう損得勘定のようなもので宣教の業が動いてもいいのかという複雑な心境だったのです。もちろん、わたしの友人の多くは心配していろいろ聞いて来てくれたりしましたが、わたしの家族や友人が大丈夫だと聞いた瞬間から経済への影響だとか放射能の影響だとかいうことに話がいくことが多かったのです。そういう「冷たさ」というようなものを少し感じていたのです。

だから、ついアツくなってしまいそうな気持ちを抑えながら原稿を書くのに神様の助けを必要としました。そして合計十数時間、3日間かけて祈りながら書きました。原文は以下にダウンロードできるように貼っておきます。自宅で録音した音声はこちらです。辿々しい英語に耐えられる方はどうぞお聞き下さい。

「3.27読み原稿@PBC.pdf」をダウンロード

スピーチの内容はだいたいこうです。

日本は未曾有の災害に見舞われているが、日本人は尊厳を保って謙虚に希望を追い求めていること 日本のクリスチャンや教会も苦しんでいること この近辺に住んでいる日本人も心情的に苦しんでいること

海外で仕事も無くなにもできないと思っていた日本人の主婦達が頑張って捧げる道を見いだそうとしていること(今日はそのような思いをもった彼女達の作ったものを持って来ていること)
そして、子どもたちもチャリティ活動を企画していること(今日は子どもたちにも「なにかできる」という企画を用意していること)

教会はキリストの体と言われるが、日本にいるわたしたちの兄弟姉妹であるクリスチャンが苦しんでいること、そしてこの教会にいるわたし自身が悲しみの中で苦しんでいること
だからキリストの体である教会が手を差し伸べるということに大きな意味があること

日本は自分の力で立ち上がり、自分の力を誇るのではなく、日本人が立ち上がる過程で神を見いだして、神の力によって歩むことをわたしが切に願っているのだということ

私のスピーチがどれだけ通じたか、心に届いたのかわかりません。
日本人によるベークセールもいろいろ行われていますが、今回の募金のされかたは尋常ではありません。当日に来て下さった多くの日本人の方々がこの札束の多さに驚いていましたが、その他に小切手をチェックしたわたしはもっと衝撃を受けています。この祝福は本当に津波のようです。

たしかにこのような大震災があると、

「神よなぜですか?」

と問うてしまいます。スピーチでも言いましたが、神はなんらかの理由があって答えられません。
しかし、神は日本に住んでいる人々への愛の大きさを、キリストの体である教会のこのようなリアクションを通じて表してくださったような気がします。

神のなさることは本当に時にかなっていて美しいです。

Img_7774


| | コメント (0)

2011年3月12日 (土)

日本はわたしの国、そこに住む人々は私の同胞です

「海外に住むと、日本の良さがわかる」
これはよく聞くことですが、わたしもそれを実感しているものの一人です。

とても恥ずかしい話ですが、インドネシアの津波でも、ハイチの大地震でも、多くの人々が被害にあっているのを気の毒に思いながらも、痛みを感じることはあまりありませんでした。どこか現実離れしたできごとを見ているような気がしていました。でも、今回の大地震と大津波が日本を襲う映像を見て、私は自分の国がこのような目にあっている、私の同胞たちが苦しんでいる、苦しんでいる中で助け合っているというのが伝わってきて目頭と胸が熱くなる気がしました。

この国はわたしの国だ、この人々はわたしの同胞だと実感しました。

今回の東北大地震の災害で被害にあわれた方の皆様に心からお見舞いの意を表したいと思います。

状況に目を向けることは大切です。それ以上に大切なのは、とくにクリスチャンであるならば、状況をコントロールできる御方の御前で静まることだと思います。その御方の語られることばに耳をかたむけることだと思います。被災されたクリスチャンの方々のことを覚えて祈っていますが、ぜひ聖書を手に取り、神の語りかけから慰めと力を得ていただきたいと願っています。

主は神の子とされた者たちの祈りに耳を傾けておられます。
余震を止めて下さいと祈りましょう。
神が津波を叱りつけて治めてくださるように祈りましょう。
いのちの危険に晒されている方々が助けられるように祈り、そして動きましょう。

イエスが嵐の中で翻弄されている弟子たちの船に歩いてやって来られて乗り込んだところで嵐はやみました。主イエスよ、どうか日本という船に乗り込んで下さい。そして日本をこの嵐から救いだして下さい。

これが、わたしの祈りです。

私が日本人ということで、たくさんの方々がわたしの家族の安否をフェイスブックやメールや携帯電話で訊いて来てくれます。本当に多くの人々が日本のことを心配しています。世界中の祈りが日本のために捧げられています。

これほどまでに多くの人々が日本の国のために祈っている時はないと思います。
そして、クリスチャンでない人もまだ出会ったことのない神に祈っておられると思います。

これが私の祈りです。自然災害はなぜ起きるのか?神はなぜそれを防がないのか?
神を信じる人も信じない人も、そのように神に問うておられると思います。

日本は神に見捨てられたのか?

そうではありません。もしそうならば、これだけ多くの人々の心を動かして日本のために多くの祈りが捧げられることはありません。経済大国と呼ばれる日本のために義援金を募ろうという思いも生じないはずです。神はこれらの人々の思いを通じて、また多くの日本人がお互いを思いやり一緒に立ち上がろうとする思いを通して、神はご自身の思いを表しておられると思います。

太平洋を隔てたところにいる私にできることは、祈ること、サポートを送ることですが、神のみことばを開いて、神の思いをお送りすることもできます。日本やアメリカ、世界各地でおられるわたしの同胞である日本人のみなさまにひとつでも慰めとなる聖書の言葉がありましたら幸いです。

"神はわれらの避け所、また力。苦しむとき、そこにある助け。 それゆえ、われらは恐れない。たとい、地は変わり山々が海のまなかに移ろうとも。 たとい、その水が立ち騒ぎ、あわだっても、その水かさが増して山々が揺れ動いても。(詩篇46:1-3)"

"主はわが巌、わがとりで、わが救い主、身を避けるわが岩、わが神。わが盾、わが救いの角、わがやぐら。(詩篇18:2)

"神である主、イスラエルの聖なる方は、こう仰せられれる。「立ち返って静かにすれば、あなたがたは救われ、落ち着いて、信頼すれば、あなたがたは力を得る。」(イザヤ30:15)"

"何も思い煩わないで、あらゆる場合に、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。(ピリピ4:6-7)"

"今の時のいろいろの苦しみは、将来私たちに啓示されようとしている栄光に比べれば、取るに足りないものと私は考えます。被造物も、切実な思いで神の子どもたちの現れを待ち望んでいるのです。(ローマ8:18-19)"

"それは、被造物が虚無に服したのが自分の意思ではなく、服従させた方によるのであって、望みがあるからです。被造物自体も、滅びの束縛から解放され、神の子どもたちの栄光の自由の中に入れられます。(ローマ8:20-21)"

"私たちは、被造物全体が今に至るまで、ともにうめきともに産みの苦しみをしていることを知っています。そればかりでなく、御霊の初穂をいただいている私たち自身も、心の中でうめきながら、子にしていただくこと、すなわち私たちのからだの贖われることを待ち望んでいます。(ローマ8:20-21)"

"主がその民の傷を包み、その打たれた傷をいやされる日に、月の光は日の光のようになり、日の光は七倍になって、七つの日の光のようになる。(イザヤ30:26)"

"神よ。私をあわれんでください。私をあわれんでください。私のたましいはあなたに身を避けていますから。まことに、滅びが過ぎ去るまで、私は御翼の陰に身を避けます。私はいと高き方、神に呼ばわります。私のために、すべてを成し遂げてくださる神に。(詩篇57:1-2 #seisho)"

"「あなたがたは心を騒がしてはなりません。神を信じ、またわたし(キリスト)を信じなさい。」(ヨハネ14:1)"

Finalsun2_3

(スタンフォードの日系の学生が義援金を募る為にこのようなチラシを作ってくれました。)

| | コメント (2)

2011年3月 5日 (土)

半生を振り返る(VIP San Franciscoでのスピーチ)

今夜はちょっと変わった体験をさせていただきました。というのは、International VIP clubでスピーチをさせてもらったのです。これは聖書をベースにしたビジネスマンの集まりです。今回はその支部である、VIPサンフランシスコ で人生の先輩方の前で「クリスチャンとして、医療人として」というスピーチ(45分間)をしました。

VIPクラブは、名前の響きや講師の方々の経歴からすでにestablishしたクリスチャンのビジネスマンのネットワーキングのため、励まし合うためで、ビジネスマンでもなくestablishもしていない自分なんて・・と正直、思っていましたが、聖書の価値観にふれたいノンクリスチャンの方も来られるとお聞きして、神様がわたしの半生においてどのようなことをしてくださったかを紹介するのに恐縮する必要はないと思い引き受けることにしました。

Img_2328 (写真:今夜の持ち寄りの軽食)

私の人生の主役は神様。「私の人生の中の神様」という裏タイトルで話そう。

そう思ってのぞむと、ヘンな緊張もとれてどのようにキリストと出会い、どのように悩み、どのように考えて道を選んで来たか、神様がいろいろな局面でどのように私を導いてくださったのかをお話しました。だいたいのコアの部分はブログに書いて来たことなのですが、まとめた原稿を作りました。ご興味のある方は、よかったらファイルを下記からダウンロードしてお読みください。

今回、このようにまとめてみて思ったのは、なんと神様は素晴らしい人生を用意してくださったのだろうということです。業績もたいしたことないし、別に社会的に成功したという人生とも思わない。でも私は自分の人生を振り返ったときになぜか誇りに思えるのです。失敗もしたし、拭いきれない汚点もあります。でもそれでも、そう思うのです。それはなぜかというと

神様がわたしの人生を導いてきたからです。

そしてこれからのわたしの人生もはっきり言って前途多難です。別に自分が知名度をあげたいとかではなくて本当に子どもたちに役立つような研究を続けたいと思っても、現在の研究をとりまく環境は本当にひどいものです。帰国後のことを考えると正直、気がめいることもあります。でも私は希望に溢れています。なぜかというと、

神はこれからもわたしの神であり、けっして私から離れることはないからです。

それは、自分に成功が約束されているからではなくて、全知全能の神が私を愛して下さり、いつまでもともにおられるからです。私の人生、まとめるとこうです。

神がわたしを形作り
神がわたしと出会われ
神がわたしを導き
そして永遠の住まいへと導いてくださる


「vip_sf_hidetan.pdf」をダウンロード

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »