« もうひとつの”クリスマス” | トップページ | Finish Strong!! なでしこジャパンの快挙。 »

2011年6月13日 (月)

東日本大震災のためのチャリティランチョン:神様の算数

5月22日(日曜日)、わたしたちPeninsula Bible Church(PBC)で行う東日本大震災のチャリティイベントの第二弾目として、ランチョンを企画しました。(第一回目のチャリティベイクセールの様子はこちら

日本では多くの被災地の教会が、それぞれの地域の人々のお世話を行っています。
その活動をバックアップしているキリスト教系の団体のひとつがCRASH Japanというところです。
今回のイベントも前回に引き続き、この団体にPBCとして支援金を送る為に企画しました。
228662_1373323229184_1714909714_599
(各テーブルにはこのように資料を置いて、この団体について説明しました)

このイベントは、わたしたち夫婦が企画して、わたしは教会の責任者や奉仕者と連携をとって会場や物品の確保、イベントの告知などをし、そして妻のnori-tanがお友達を中心に協力を呼びかけて、食事の準備の陣頭指揮をとりました。その結果、教会の多くの人々の協力に加えて、日本人の女性が40名が協力してくださいました。
231002_1373323829199_1714909714_599
そして当日は、予想というか目標の150名をはるかに越える200名ほどの参加者がありました。
はじめは、「もしあまり人が集まらなかったらどうしよう・・・」と心配して祈っていました。
そして会場を開けるとそこには長蛇の列がありました。そして教会学校を終えて、子どもたちをピックアップしてきた家族が続々とやってきました。
今度は「食事が十分に足りますように!」という祈りに変わりました。
当日は10数名の日本人の方々が次から次へとビュッフェ形式の料理を入れ替えて、最後のひとりに至るまで満足していただけることができました。

そして総額4000ドル以上の義援金が集まりました!
前回のベイクセールでの6000ドル近いものと合わせるとPBCとしては10,000ドルもの額を寄付することになりそうで、本当に感謝でした。

ご協力いただいた皆様、お祈りで支えてくださった皆様、本当にありがとうございました。
善を生み出すのはクリスチャンでもノンクリスチャンでもなく神様
私はこの企画をするにあたって、こういうことを考えていました。

今回はクリスチャンである私たちが神様から思いを与えられて、クリスチャンが行っている人道支援を支えるのだ、神の子どもとされた私たちが希望の光となって善を行うのだ、と。

確かに、この働きはクリスチャンが多く関わっています。企画もそうだし、その団体もクリスチャンです。しかし、蓋を開けてみればどうでしょう。料理を準備するために協力してくださった方々のほとんどはノンクリスチャンの方々なのです。

わたしは思いました。自分は高ぶっていた、と。
神はノンクリスチャンの方々の中に思いを与えて行動を起こすようにしてくださるお方であることを。

だから、善を行うのは、クリスチャンもノンクリスチャンも関係なく誰でも行うことができるのだということに行き着く人も多いでしょう。たしかにそういう考えもできます。
しかしクリスチャンでも、ノンクリスチャンでもないのだ。究極的な意味では善を行うことがおできになるのは神おひとりなのだと思うのです。これが神様が行ってくださったことを特に示すのは次の理由からです。

わたしたちは人手を150人、そしてひとり5ドルほどの寄付を募るつもりでした。
事前には「ひとり5ドルをお願いしたいですが、お金にお困りの方は、無料ランチをお楽しみください」とアナウンスをしていただきました。なので、全部で1000ドル集まれば、材料費や労力に見合った寄付がいただけてひとまずは成功と思っていました。しかし、わたしはクリスチャン。神様のされることだから予想の倍の2000ドルくらいになるかもしれない、なればすごい!と思っていました。
ところが蓋を開けてみれば4000ドル以上だったのです。

これは、人間の業ではないと即座に思いました。
そして、神様は算数がわかっていない!とも(笑)。

いえいえ、実は、わたしたちが神様が教えてくださる「信仰算数」を学んでいなかったのです。
神様はわたしたちの想像を超えて働かれるお方なのです。本当に感謝です。

わたしはこのように二つのことを教えていただきました。

ひとつは、神様は信仰の有無に関わらず人を用いて善を生み出すお方であること。そして神のみが善の源であるということ。
ふたつめは、神様の算数と人間の算数は違うこと。わたしたちは神様の算数を学ぶことを求められていること。

そして、わたしの祈りは主に次の三つです。
ひとつは、これらの義援金が、人々の苦しみを和らげ、慰めと力を与えるために用いられること。神様の愛が被災された方々に支援の形で伝わること。
ふたつめは、今回の働きに参加してくださった方々が神様の愛を実感し、そして個人的に天地を造られ、わたしたちひとりひとりのために御子をくださった神を知ることができるようになることです。
そして、みっつめは、今回、関わってくれたPeninsula Bible Churchの人々が祝福を受けるように。そして日本のことを祈りに覚えてくれるように。

わたしたち夫婦は、本当にこのような神様に仕えることを喜びとすると同時に、このように素晴らしい日本人の方々に囲まれていることを誇りに思っています。そしてどうしても、どうしてもこの素晴らしい神様とこの素敵な人々を取り持つような働きをしたいとますます思わされています。


247507_1373324509216_1714909714_599


|

« もうひとつの”クリスマス” | トップページ | Finish Strong!! なでしこジャパンの快挙。 »

アメリカ生活」カテゴリの記事

スタンフォード大学」カテゴリの記事

聖書・教会」カテゴリの記事

コメント

岩橋へ

お!連絡ありがとう!8月末に帰国します。ブログ記事にはしていないけど、同じ場所へ戻る予定です。happy01

投稿: hide-tan | 2011年7月14日 (木) 18時07分

久しぶり!元気?
日本は相変わらず原発と放射能の問題が長引いてる。
FacebookもTwitterも続けれるのはマメやなあ。
日本に帰って来る時は言うてや!

投稿: 岩橋 | 2011年7月13日 (水) 12時16分

s-jc さん

そうなんですね。主は良い業を通して信者も未信者もひとつにして用いてくださるのですね。わたし自身(そして他のクリスチャンも同じことを言っていますが)高慢を悔い改めるとともに世界のどこにあっても、同じことをなされることを知ることができて感謝です。

投稿: hide-tan | 2011年6月14日 (火) 07時26分

東北にある私たちの教派の小さな群れは、沿岸部のある町のひとつの地区に入り続けていますが、活動している全員がクリスチャンというわけではありません。4月から入り続けてリーダー役を担って下さっている女性は信徒の方ではありませんし、手伝って下さっている大工さんも信徒の方ではありません。また、キリスト教系ではないグループの人達も加わってくれています。しかし、神様がここに集めて下さったのだということを強く感じています。

投稿: (虫けら改め)s-jc | 2011年6月13日 (月) 19時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もうひとつの”クリスマス” | トップページ | Finish Strong!! なでしこジャパンの快挙。 »