« 毎日泣いている次女へ | トップページ | 証し:吹田聖書福音教会にて »

2011年8月26日 (金)

四年間のカリフォルニア

カリフォルニアで最もよかったのは出会った人々です。カリフォルニアで得たものといえば、友。そして、カリフォルニアで学んだことは自分の人としてのあり方を立ち止まって考えることの大切さ。

こういう経験はふだんでも、またカリフォルニアまで行かなくてもできることです。でも、私たちは日常の生活のなかで「あたりまえ」と思っていることがらのもつ素晴らしさに目を閉ざされているのだと思います。わたしは太平洋を渡ることで、人と向き合い、神と向き合い、そして自分自身と向き合うことができました。

これまでの「あたりまえ」があたりまえでなくなったとき、それは何かを発見するよいチャンスです。それは帰国後の私にとっても、震災に直面した日本の方々にとってもそうなのだと思います。

さて、私には誰にも持ち去ることができない素晴らしい宝があります。

その宝は、誰ともシェアできるし、手渡すことさえ出来ます。それでもその宝はわたしのものです。

それはキリストに表された神の愛。御子を通して与えられた永遠のいのち。
それはキリストゆえに私たちが仕える人々や場所。
それはキリストにある神の家族の交わり、一緒に過ごした時間。
神が下さる宝はこのようなもの。誰にでもシェアできるのに、誰にも奪えない。神は実にそのひとり子イエスを私たちに与えて下さった。このお方こそ、王の王、主の主。

私たちは目を開いてこのような宝に目を止めるべきです。それを取って、肌身離さずにすべきです。そして、キリストに結び合わされてそれらを抱きしめるべきなのです。

|

« 毎日泣いている次女へ | トップページ | 証し:吹田聖書福音教会にて »

アメリカ生活」カテゴリの記事

スタンフォード大学」カテゴリの記事

聖書・教会」カテゴリの記事

コメント

Make your own life easier get the credit loans and everything you require.

投稿: TurnerJordan21 | 2012年4月 8日 (日) 15時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 毎日泣いている次女へ | トップページ | 証し:吹田聖書福音教会にて »