旅行・地域

2011年8月 2日 (火)

Big Sur Lodgeにて(8/2/2011)

Big Sur Lodgeにて(8/2/2011)

カリフォルニアで過ごす最後の夏の思い出に3泊4日でMt.HermonBig Surにやってきた。

一日目。Bible101のBBQのあと:
Mt.HermonにやってきてFernando Ortegaのコンサート。
二日目。緑に囲まれたチャペルで礼拝をし、午後はRedwoodの森林を散策。
カーメルでシーフードを食べてBig Surに来た。
三日目の午前がPfeifer SPの散歩、プール。午後はPfeifer State Beach、滝、灯台などを回った。

Big Surから青く、どこまでも続く太平洋を見ていると、神の偉大さ、自分の小ささが見えてくる。
Img_9533

自分は小さい。人生は短い。
神は偉大。その王国は永遠に続く。

自分がこの先、どうすればよいのかということより、
今、自分は神に従っているか、
自分の人生を神にゆだねているか
そのことが大切に思えてきた。

そして、この四年間、本当にたくさんの素晴らしい経験をさせて下さったことを主に感謝した。

まだまだ人生やりたいことはたくさんあるけれども、いつ死んでもいいくらい幸せな日々を送らせていただいた。

”いつ死んでもいい”

そう思うことはネガティブなイメージがあるけれど、私はそう思える経験をしたことで、どんな困難にも立ち向かって行けるような気がしてきた。

つらいことがあったら、カリフォルニアの日々を思い出そう。
美しいスタンフォードのキャンパスと、そこで働いた仲間たち。
Peninsula Bible Churchの礼拝、メンズバイブルスタディ、そしてBible 101 in Japanese (日本語の聖書の学び会)。
アラスカ、ヨセミテ、グランドサークル、イエローストーン。
カリフォルニアの青い空と美しい海岸、どこまでも広い太平洋。

”あの時はよかった。戻りたい”ではなく、
”あの時はよかった。だから今がんばろう”と思いたい。

今、Big Sur Lodgeのキャビンにある暖炉の火を見ている。
昔はこうやって薪を割って、暖炉に焼べて、そして、灰を肥料にして畑にまいていたのだ。日々生きていくための営みにじっくり時間をかけていたのだ。でも、今は、生きていくために必要なもの以上の”何か”を求めて、効率や便利さを求め、そして生きていくためには不要な何かを得て、人生を生きた気になっている。

私もすでに40歳になったから、これができないといけないとか、これを持っていないといけないとか、そういうことを考えて不安になっている。

もともと短い人生、何を急いでいるのか。

自分が考えている40歳の自分じゃないなら、自分を30歳と思えばよい。
40歳と30歳、何の違いもありはしない。

暖炉の焚き木は面白い。
火をつけるとき、二つくらいを並べておく。
この二つに火がついたら、それに垂直に薪を置く。
すると、もともと燃えていた木がさらに燃える。

新しいクリスチャンに信仰を燃やされるクリスチャンみたいだ。

また、火が弱くなったときには、木の配置を変えたり、息をふきかけると、再び強くなる。

人の信仰も同じようにちょっとした人との関わりが神様によって導かれたり、神様から息を吹きかけられたりして、再び信仰の炎を燃え上がらせる。

そして、燃えて光と熱を発するということには二つの意味がある。
ひとつは、他の薪に火を移らせること。これは、信仰の伝搬であり、信仰の継承といえる。
そしてもうひとつは、自分自身がどんどん小さくなること。
信仰の炎が強くなるにつれて、人は炎を見て木を見なくなる。
私も誰かが私を見るときに、
”この人をこのようにさせている神とはどういうお方なのだろう”という思いを与えられるように自分を小さく、神を大きくしたい。

そして、炭となってくだけたものにも役割がある。
それは、燃えさかる木の炎を下から支える役割。

リタイヤしても祈りで支えることができるということだ。

今、暖炉の火はほとんど消えた。
ものごとにはいつか終わりが来る。
カリフォルニアの日々も終わるし、
自分の人生も終わる。
そして、この世界もいつかは終わる。

しかし、神には終わりがない。
そして、私はこの神に生かされて今を生きている。

2:02AM

Img_9542


| | コメント (2)

2010年8月12日 (木)

イエローストーン/グランドティトン旅行記(5日目-5)「きたもん」に「しか」出会えない。Gardiner, MT

5日目の夜は、イエローストーンの北門にあるGardiner, MT に宿泊です。
マンモスホットスプリングスにも宿はありますが、この北の街は世界初の国立公園であるイエローストーンの門があります。そこをくぐったところがこの街です。
P8121713 イエローストーンの北部は、かつてのHead Quarterがあり、はじめは陸軍の管轄であったこともあり、将校の住む家々やバラック、そしてチャペルまで、昔の建物が揃っています。
Img_1415
Img_1414
そして、夕暮れに北門に至るまでのところの岩場にPronghornがたくさんいました。たくさんいて、岩場をひょいひょい駆け上がる姿はとても絵になっていました。Pronghornがその環境に適した特徴を備えていて生活をしている様が絵になっているのだと思います。ひとも同じですよね。自分の能力を生かせる環境に身を置くと生き生きとしますよね。
P8111686
P8111700
 

| | コメント (0)

イエローストーン/グランドティトン旅行記(5日目-4)熊を招くマンモス!?

イエローストーンはいろいろな地形が楽しめる公園でもあります。

とくにMammoth Hot Springs Terraceは石灰が蓄積してできた段々畑のような構造に温泉が流れるという幻想的な地形になっています。ただ8月になると水分は落ちていて温泉といえるような状態ではありませんでした。

P8111606

その一画に、茶色の沈着物があり、みんなが指を指しています。Img_1408_2

それをよく見ると・・・なんとテディベアの落書き!と思ったら、自然にできた絵画のようでした。面白いですね。

P8111608 そして、この「壁画」と向かい合った丘のほうに近づくと、そこには本物のクマの親子がいました。イエローストーンはアメリカ本土では珍しいGRIZZLY BEARの生息地なんですが、今回見かけたのはBLACK BEARの方でした。

P8111650 なんだか、マンモスホットスプリングスに描かれたクマがクマを手招きしているようで面白かったです。

| | コメント (0)

イエローストーン/グランドティトン旅行記(5日目-3)Park Rangerになりたい!

イエローストーン国立公園は、世界で初めての国立公園だそうです。(例によって、アメリカなのでアメリカ初世界初と言っている可能性もあるのですが、郷に入っては・・・ということで、世界初としておきます。coldsweats01

アメリカのNational ParkにはPark Rangerという職員が様々な業務に当たったり、観光客のツアーガイドとしてトレイルを案内したり、情報を提供したり、熊などの野生動物が出現した時に観光客の安全を守ったりしています。

で、ここは世界初のナショナルパークですので、イエローストーンにはThe Museum of Park Rangerがあります。昔は、国立公園は陸軍によって管理されていたこと、Park Rangerの制度ができても時には、資源を守る為に不法行為を行う人を逮捕する権限を持つなど、ということが展示されていました。ここには引退したPark Rangerがいて、いろいろ教えてくれたりしました。
Img_4085

実は、長女のminoriの将来の夢はこのようなPark Rangerになることだそうです。自然が好きで、自然を守りたい、いろいろなことを教えてあげたい、という希望があるようです。
Park rangerには、幅広い知識と経験、体力、勇気と決断力が必要な立派な仕事です。そのような職業を夢見て自然環境の保護と人々への啓蒙のために頑張りたいというminoriを応援してあげたいです。
Img_3763
ということで、minoriはグランドティトンとイエローストーンで、ayumiはイエローストーンでJunior Park Ranger Programに参加して、その「称号」を獲得しました。(実はイエローストーンのプログラムは、「宿題」があって、私もいろいろ勉強させられました・・・coldsweats01。)

パチパチ・・・・。good

| | コメント (0)

イエローストーン/グランドティトン旅行記(4日目-3/5日目-1)West Yellowstone, MT

旅の4日目の夜は、West Yellowstoneという街で宿泊。
西部劇っぽい雰囲気を観光客用に醸し出しているような面白い街でした。

イエローストーンにまつわる博物館やシアターもあり、私たちは翌朝、子どもたちのGrizzly & Wolf Discovery Centerというところに行きました。GrizzlyやWolfはイエローストーンで野生で見られるはずなのですが、あまり奥まったトレイルに行かないし、早起きもしないだろうから、たぶん遭わないからここで見ておきたい、そしてその生態についてもちょっと学びたいということもあって、行ってきました。
Img_4052

内容はだいたい予想通りの展示があり、予想通りに熊とオオカミがいて・・・
というものでしたが、間近に見れたことや様々な展示に子どもたちは大満足でした。

Img_4065


| | コメント (0)

イエローストーン/グランドティトン旅行記(4日目-2/5日目-2)Geyser めぐり

Old Faithful Geyser Basinは、イエローストーンの南西に位置します。
4日目(8月10日)はWest Yellowstoneで宿泊するので、北上しながらゆっくりGeyserめぐりをしました。

Black Sand Geyser Basin
P8101463
P8101466
Midway Geyser Basin
(EXCELSIOR GEYSER CRATER) ここは高温のため青くて、しかも大きかったです。
P8101505
(GRAND PRISMATIC SPRING) これはイエローストーンの中でも最も大きい温泉です。
P8101512

ところで、今回挙げた写真は、Norris Geyser Basinのもの以外はHot Springの類いですが、前回の記事のように吹き上げるタイプのGeyserというのもあります。他に水蒸気だけ出ているFumaroleや泥の温泉であるMudpot(魔女の薬みたいにポコポコいっています)という感じで、Thermal Featuresには4種類あります。
共通点は地下のマグマによって熱せられたなにかが出て来ている点ですが、違いは次のようなものです。

Norris Geyser Basin
P8101528

Hot Spring: 熱せられた水が湧いている
Geyser:熱せられた水が出て来たいが、出口が狭く、水蒸気が閉じこめられる。水蒸気の容積が増え、圧力が増したときに水蒸気が水を押し上げて一気に吹き出す。
Fumarole:水分が少ない為に水蒸気だけが上って来る
Mudpot:泥が熱せられた温泉

このような違いを、子どもたちと話しながらひとつひとつゆっくり見て回りました。
子どもたちも自然の織りなす色合いの美しさ、ダイナミックさに興味津々でした。


| | コメント (0)

2010年8月11日 (水)

イエローストーン/グランドティトン旅行記(3日目-2/4日目-1)Old Faithful

3日目の後半はいよいよ、Geyser (間欠泉)で有名なOld Faithfulエリアです。
ずばり、これです!
Img_1374
今回は、奇跡的なタイミングでキャンセル空きが出て、かの有名なOld Faithful Innの一室を予約できました。(ここは、由緒正しきホテルで、一年前に予約しておかないといけないという話もあるくらいです)

Img_1371

Old Faithful Innは1904年に建てられたログキャビンの宿泊施設で、ログキャビンとしては世界最大らしいです。歴史的にも建築としても意義のあるもののようです。

私たちが泊まったのは、West Wingの端で、窓からGeyserが吹き上げているのが見える絶好の場所でした。
P8101459
Img_3908
1-2時間ごとに吹き上げるOld Faithful Geyserのすぐそばです。
これは2階のバルコニーから見たところ。
Img_3913
部屋は、ちょっとこじんまりしていますが、品と趣のある雰囲気でした。

さて、Old Faithful Geyser Basinは、たくさんの温泉(といっても入れるものではありません)や間欠泉があって、見どころが満載です。私たちはOld Faithful Geyser近辺のを到着した夕方に、そしてその他は翌日に見て回りました。それなりに歩きますので、これはここだけで半日仕事です。
(写真:夕暮れのOld Faithful Geyser Basin)
Img_1363
最も有名なOld Faithful Geyser(この記事冒頭の写真)は頻繁に吹き上がるので必ず吹き出すところが観れますが、他は数時間や1日に1回という程度なので、Visitor Centerで予想時間(といっても3時から5時とかいう幅で言われることが多い)を教えてもらって見学の予定を立てないといけません。
今回は、たまたまタイミングがあって、Grand Geyserという大きな間欠泉の”ショー”にありつけました。これは大迫力で、これだけでイエローストーンに来たかいがあると思えるほどでした。
P8101388

温泉の中には、外側のバクテリアが繁殖した部分(茶色〜オレンジ)と温度の高い、細かい鉱物だけが存在する部分(中央の青い部分)の色合いが美しいものがたくさんありました。
P8101442
温度の高いものの中には、ただ単に青いものもあります。
P8101482

イエローストーンは、この地域一帯が活火山の上に成り立っている公園です。
その分、活発な間欠泉や温泉がたくさんあり、その上で木々は生い茂り、野生動物が生活しているのです。実は、今この瞬間にまた大噴火するという可能性もあるそうですが、その確率は0.002%。

つまり、ほとんどないともいえるのですが、今私が住んでいるカリフォルニア州パロアルト市であっても、日本の故郷の大阪府であっても、明日必ずその地面が存在しているという可能性はまったく100%とはいえないのです。私たちはどこに暮らしていても神の御手の中にあり、私たちはゆるされた場所でゆるされた時を、ゆるされたものを享受して生きている、そのような小さな存在なのです。そして、私たちの神は、そのように地を揺るがし、そして支えることの両方がお出来になるお方なのです。この小さな私をこのような偉大な神が日々気にかけ、愛してくださっている。

これこそ、すごいことです!

(動画:ブログ記事のGrand Geyserの噴出。1回出て、治まって、2回目が出ます。この2回目がすごかったです。)

| | コメント (0)

2010年8月10日 (火)

イエローストーン/グランドティトン旅行記(3日目)雄大な山々と湖と。

昨日はJackson, WY から北へちょっとだけ走るだけで、Grand Teton NPの山々が見えて来ます。緑の平原にいきなり切り立った岩山が雄大で美しい。こういう景色はなかなか日本ではないです。

P8091240
P8091245

それもそのはずで、この切り立った山は、地殻の変動によりもぐり込んだプレートによって押し上げられたもので、比較的新しい山々らしいです。

長女minoriは、Jenny Lake Visitor CenterにてJunior Ranger Programに参加。
その間、私は妻と次女ayumiと一緒に、湖をクルージング&ハイキングをしました。
なかなかきれいなところです。
P8091299
湖では、カヌーをしたり、
P8091301
釣りをしたりして楽しんでいる人もいました。
P8091277_2

グランドティトンは、山々と湖で美しいところですが、絶景ポイントに小さなチャペルがあります。
Chapel of The Transfigurationという名のこのチャペル、古い小さなログキャピンですが、イエス・キリストの山上の変貌(The Transfiguration)の名が冠された理由がその中に入ればわかります。
P8091253
雄大な山々に雲が刻々と変化し、その雲が太陽に照らされ、イエスがヘルモン山で栄光の姿に変えられた聖書の記述をイメージさせられます。
P8091257
私たちが神を仰ぐ時、私たちは十字架を仰ぎます。
そして、十字架を仰ぐときに、この天地を造られた創造主を礼拝することになるのだと思いました。
P8091259
そう、この旅の目的は、自然を通して、それを造られた神様を再発見することなのです。

| | コメント (2)

2010年8月 9日 (月)

イエローストーン/グランドティトン旅行記(2日目-2)かつては湖だった。

ソルトレイクシティから、グランドティトン国立公園の麓にあるJackson, WYまでは約6時間。でも、景色がきれいでドライブは楽しいです。
Img_3690
Img_3686


この途中にFossil Butte National Monument (化石の丘国定公園)があります。私たちは休憩がてら、ここに立ち寄ってみました。

化石が大好きな長女minoriは大喜びです。
Img_3700
この辺りは、かつて湖だったようで、ワニや亀や魚の化石がありました。
プランクトンが積もって出来た岩の中に化石があり、これらの石を擦ると石油のような匂いがするとか、実際に触らせてもらいながらいろいろ教えてもらいました。
Img_3704

小さいところだけど、なかなか良かったです。ソルトレイクシティから車で出掛けるときはおすすめです。
Img_3726
(さらにジャクソンへ向って北上です。)

| | コメント (0)

イエローストーン/グランドティトン旅行記(2日目-1)十字架を仰ぐ、天を仰ぐ。

おいおい、なかなかイエローストーンに辿り着かないやないかというお叱りメールは今のところ戴いていませんので、もうちょっと寄り道を。

今日(8月8日)は日曜日ですので、教会の礼拝に出席してからの移動です。
今回私たちは、ソルトレイクシティの北東、Park City, UTにあるMountain Life Churchという教会の礼拝に参加しました。
Img_1325
ここの、礼拝スタイルはインフォーマルでリラックスした感じでした。
なんと、礼拝の途中に休憩が入り、みんなコーヒーを飲んでしばし歓談。

そうか、そうやって歌を歌ってカラカラになった喉を潤し、隣に座った人に話しかけたい衝動を満足させ、生理的な用を足し、コーヒーでもう一回目を覚まさせてから、説教を聞くのか・・・。

色々な礼拝のスタイルがあるとはいえ、斬新。でも田舎らしいといえば田舎らしい。

旅先での礼拝は、慣れていていつも楽しみにしていますが、この教会は、ガラス窓を広くとっていて、チャペルの前部は十字架の向こうに青空。十字架を仰ぐと、自動的に天を仰ぐようになっています。素晴らしい・・・。
Img_1321
他の窓からものどかな田園風景が広がっていて、リラックスできます。
Img_1322
こうやって、縁もゆかりもないアメリカの田舎で、誰一人知らない教会で、妻とふたり並んで礼拝に出ていると不思議な気持ちになりました。学生時代に、クリスチャン学生の聖書合宿で出会った妻と、こんなところでこうやって、あのときに祈り、賛美を捧げていたのと同じ神を礼拝している。時を経て、場所は変わったけれど、同じ主イエスの十字架を見上げ感謝している。

私たちの神はたしかに、私たちを導いておられる。
この神は、私たちが天の御国に入るまでしっかりと手を握り守って下さる。

そんなことを感じた旅のはじまりでした。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧