医療

2011年6月 8日 (水)

はじめの72時間:東北大病院からの報告

震災からもう3ヶ月になりました。

報道を見ている限りでは、まだ避難所生活をしておられる方々がたくさんおられ、行方不明の方々も多くおられ、まだがれきもたくさん残っている状況で、心が傷みます。

今日は東北大学救命救急センターの医師のNさんがスタンフォードに来ていて、震災後の72時間のできごとと問題点、今後の課題などを詳しく説明してくれました。災害に対して備えておかねばならないこと、いろいろ学ばされました。

(なぜ72時間か)災害は毎回違った顔を持ってやってくる。そこを想定する困難さ。72時間は救命のためのクリティカルピリオドであるだけでなく、医療のニーズがピークになる時期であること、そして非常用のリソースが尽きるのが72時間であること。

(1日目)クロノロジー(経時的な記録)の重要性。迅速な災害対策本部の立ち上げ。非常電源、空調(コンピュータに必要)、院内PHSの許容限界(トランシーバーの利用)、人的リソースの配分、酸素ボンベや吸引の確保、エレベーターが使えないことによる搬送の困難さ、漏水の被害

(2日目)医学生ボランティアの活躍、人的スキームの稼働、DMAT到着。在宅患者をできるだけ来院させずにおくには。重症患者は安定させたらできるだけ他の地域の医療機関へと搬送することで院内のリソースを確保。手術、検査、透析などの中止や部分稼働、職員の食料確保、ニーズとサプライ。

(3、4日目)大型バスによる患者の移送、様々なものが復旧、精神科救急のニーズの増加。(その他の課題)超法規的な対応を可能にする特例措置の必要性、自衛隊や警察との連携(とくに患者移送や情報網の利用において)、医療機関だけでなく地域のリソースを利用すること。

以上が簡単なサマリーですが、最も感じたのは、ちょっとした避難訓練ではなく、なにも使えなくなった状態で患者の生命を維持し、情報を収集伝達し、指揮系統を明確にし、エレベータを使わない患者搬送、など本気の災害対応訓練が必要だと思わされました。訓練は練習のためというよりはむしろ、なにが不自由するか、人的なこと、設備のこと、物品のことなどでなにが足りていないか、なにがあればよいかを明らかにするために必要なことではないかと思いました。現場の訓練だけでなく、対策本部がどのように情報を把握し指揮をとり、外部と連絡をとるかということの訓練も必要だと思いました。

また日赤病院や、徳洲会病院のように同じ系列で連携をとるところは動きが早い印象を持ちました。
また報道では自治体どうしの支援が素早く、自治体病院のほうが国立大学病院よりも対応が早かったようです。独立法人化した大学ですから、地域でよく似た働きを担っている大学病院が連携して素早く連携をとれるような体制があればよいとか、被災地になった立場、被災地を支援する立場の両方からいろいろ考えさせられました。

また、海外からの支援や応援メッセージは被災地の方々を大いに励ましているという報告もありました。私たちがスタンフォード大学で行ってきたことや、Peninsula Bible Churchでやってきたチャリティイベントも支援とともに祈りが届けられればと思いました。


| | コメント (0)

2010年4月30日 (金)

嘆くのではなく考えよ。

先日、私たちの研究をサポートしてくれているMご夫妻の家で、ルーマニアの医師夫妻といろいろ話をするチャンスがありました。

日本でも大学病院で働いているときは、医師6-9年目という状態でも医員という立場だとファーストフードの店員と変わらないほどの給料でしたが、ルーマニアの医師の話はさらにひどい状態でした。

家賃が4万円くらいのところ、給料が2万円くらいらしいのです。
しかも、研修医のとくだけではなく、そこそこの高額所得(といっても他のサラリーマン程度)になるには教授や部長クラスにならないといけないらしいのです。高い知識と厳しい研修、そして求められる責任は大きいのに全然割りにあわない、やる気をもって医者になっても、多くの者はやる気をそがれるか、優秀なものは外国へと流出していき、ルーマニアの医療は全然向上しない、と嘆いていました。

それで、自分はここでポスドクをしてるが、貧乏ポスドクといえ、ルーマニアで医者なんかしてるよりずっといいとのことでした。彼の奥様は晴れて、来年度からスタンフォードのレジデントになることができたそうですが、彼自身ここまで来るのにかなり苦労があったようです。

というのは、彼は医学の研究を志して医学部に入ったけれど、医学部の研究室にはお金がなく、実験ができないので研究室で論文を読むのが研究活動だったらしいのです。そこで研究の心得のある医師が唯一やりかたを知っていたのがアミノ酸解析だったので、彼は自閉症に着目して、幼稚園の入り口でお母さんに声をかけて協力を募り、自閉症の疑いのあるお子さんを集めて、その先輩のポケットマネーでアミノ酸を分析して、それを海外のラボで論文に仕上げたそうです。ルーマニアからは論文が出しにくいのでわざわざ海外に出て行き英語論文にして、それをもとに研究資金を当てて、学部生の間に6本の論文を書いて、医学部卒業をもってポスドクの身分にしてもらい(アメリカではMDもPhDと同じくドクター。つまりMDでもポスドクになれる)スタンフォードに来たそうです。

彼は、まわりの環境が恵まれていない中で、どのようにすれば論文を書けて、どのようにすれば研究資金を獲得出来て、どのようにすれば海外に出てさらに研究を発展させられるかをつねに考えて行動してきたのです。彼に比べると日本人として日本の医学部を出て、大学院で研究させてもらって学位をとらせてもらった自分がなんとも生温い環境で来たのかと考えさせられました(といっても自分なりには頑張ってきたつもりではいるのですが)。その一方で、どんなに状況が悪くても知恵を働かせて目標をしっかり定めてそのために必要なことをひとつひとつこなしていけば、大きな山でも登ることができるのだということを教えてもらい、勇気をもらうことができました。

私もこれから言い訳はすまい、状況が悪ければ悪いなりにどうするか、考えて行動することができるように、目標を達成するためにはプライドを捨てて、ひたすら目標に向かって地道な努力を積み上げていきたい、と思わされました。

| | コメント (0)

2010年1月 7日 (木)

医局と研究室と病棟と

1月6日は、今回の一時帰国でも大切な日でした。

まず医局に行くと、秘書さんが変わっていて「あなた誰?」みたいな顔をされつつ
「スタンフォード大学のhide-tanですが、教授と会う約束してるんですがおられますか?」
とよそよそしく挨拶。

教授と1時間弱ほど、最近の大学院生のようすや研究のことを話し、私も自分の研究について話して帰国時期のだいたいの目安もお話しました。
そのあとで、病棟(周産期センター)に行って、先輩ドクターと近況を報告しあいました。
あいかわらず皆さんパワフルに頑張っておられていました。

大学病院って、難しい症例に悩まされ、研究や教育のノルマもあるのに給料は安いというイメージがあると思いますが、逆に言えば、そこでしか助けられない患者さんのお世話をできる、研究や教育というやりがいのある仕事を臨床を続けながらできるという面はあると思います。でも、給料が安いのだけはなんとかしてほしい。せめて市民病院の医師くらいにして、バイトなど行かずとも安心して研究や教育にも携わることができるようになってほしいです。

それと、もうひとつは研究室で過去のサンプルの整理をしました。私が用意したサンプルを研究を引き継いでくれている院生に渡し、自分がスタンフォードに持って行くものも少し選り分けたりもしました。ついでに学内の共同研究の教授にもご挨拶に伺ってきました。

というところで、今日のノルマは終了。

最後にいつも当直明けのご褒美のランチに食べる上うな丼(きもすい付き)を食べました。ペロリ。


| | コメント (0)

2009年11月 6日 (金)

予定発熱(Scheduled fever)?

新型インフルエンザワクチンのみならず、季節性インフルエンザのワクチンも不足している中で、スタンフォード大学では今年もポスドクは無料でワクチン接種ができるようです。こちら(アメリカ)のワクチンには完全に不活化されていない”ハズレ”があるのか、ワクチンのあとに具合の悪くなる人もいるようです。
私も1回目はセーフでしたが、2回目は3日間発熱して、しんどい思いをしました。

hide-tan  「来週のワクチン、受けるべきか受けざるべきか。去年は熱が出たんだよね。」
chie (実験助手)”受けても罹るかもしれないし、止めておいたら?”
hide-tan 「でもね、年末に一時帰国するから、このまえの学会みたいに旅行をキャンセルとかになったら嫌だから、来週受けて少しでも予防しておいた方がいいんじゃないかと思うんだ。」
chie ”なるほど”
hide-tan 「だから、来週ワクチンを受けて、熱を出すから、来週の実験動物のオーダーキャンセルしといてくれる?もう無理か。」
chie ”そうね(笑)。今からじゃ無理ねえ。”
hide-tan 「それと、ボスにも”来週早々にワクチンを打って3日間熱を出しますから、来週いっぱいはお休みします”って言っておかないと。」
chie "wwwww (大笑い)”
hide-tan ”それと、うちの奥さんにも”僕、来週、倒れてもいい?”って聞いておかないと、彼女もいろいろ忙しいし...。」
chie "wwwww(ますます大笑いのあげく)・・・なんか冗談を真面目な顔をして言うところが面白いわ。”

半分冗談、半分は真剣なんだけど。
まじで迷っているhide-tanです。

To have a scheduled fever or not to have a scheduled fever, that is a question.

| | コメント (0)

2009年11月 3日 (火)

はじめての眼科検診

今日は、子ども達をはじめての眼科検診に連れて行きました。
Img_0505_2

アメリカの小学校では、集団で眼科検診とかしないので、個別に自分たちで眼科に連れて行かないといけません。
本当は長女minoriはもっと早く連れて行かないと行けなかったのですが、今回は私が緑内障疑いのフォローアップのため、二回目の検診を受けるにあたって、一緒に検診に連れて行きました。

私の方は、眼圧や視神経の所見はボーダーラインのまま悪化していなくて一安心。
子ども達も、はじめてでしたが、検眼士(Optometrist)のインストラクションにちゃんと従って、いろいろ検査を受けていました。

「次女はあやしいかも・・・」

という私の指摘通り、ayumiは、視力検査がいまいちで、メガネを付けると2段階ほどよく見えるようになっていました。日常の生活には支障はないが、眼を凝らさないといけない場面が多いのならメガネをつけてもよいかもしれないし、来年からでもよい、とのでしたが、私の予想がayumiの目つきが気になっていたこと、本人が「メガネをかけてみたい!」と言ったことから、メガネッコになってもらうことにしました。
Img_0506_2

子ども用のメガネもたくさんかわいい種類のものがあって(プリンセス系がほとんど)、かわいく見えること、メガネをかけるとよく見えるということで、本人はメガネをかけないといけないというショックはなく、なんだか逆にハッピーな様子です。

夕食のときも、「やったあ、わたし、パパと同じメガネチーム!」happy01と本物のメガネをかけられることを喜んでいました。
なんとも前向き・・・。smile実は、私もメガネでもいいやんって感じなので、ayumiのメガネの仕上がりがちょっとだけ楽しみだったりします。

| | コメント (0)

2009年10月21日 (水)

新型インフルエンザ〜私の症状〜/旅行キャンセルの顛末

新型インフルエンザと思わしき病気になってしまった私ですが、なんとか山場をこえたようです。
タミフルを安易に処方してもらえないアメリカで、タミフルなしで過ごすとこんな経過を辿るという参考になれば・・・

10月15日(木)咽頭痛と軽い咳、37℃
(葛根湯内服)
10月16日(金)咽頭痛と軽い頭痛、38℃
(解熱鎮痛剤2回)
10月17日(土)頭痛と上気道炎症状、39℃
(解熱鎮痛剤2回)
10月18日(日)頭痛と胸部痛(胸膜が痛む感じ?)、38℃
(解熱鎮痛剤1回)
10月19日(月)頭痛、軽い腹痛、副鼻腔炎の症状、37℃
(抗生物質内服、解熱鎮痛剤1回)
10月20日(火)副鼻腔炎の症状、36℃後半

他の人たちを見ていると、最後は咳こんでウィルスをばらまいて終わりというパターンですが、私には珍しく咳は少しだけです。かわりに副鼻腔炎による痛みが少しあります。

日曜日に熱が下がれば、

今日(火曜日)にでもシカゴに向かって、水曜日午前中のポスター発表だけして帰る

という強行スケジュールも考えましたが無理でした・・・。
まだふらふらするので、今日も仕事を休んでいます。

さて、同じような研究をしている人たちとのディスカッションや、偉い人たちの講演、大学時代の後輩たちとの再会、大学院時代の指導教官との飲み会、スタンフォードで同じフロアにいる人たちとのお楽しみ会、そしてシカゴ美術館など楽しみにしていた学会が行けずに残念でしたが、Expediaからのキャンセルのペナルティが当日キャンセルの割には、思いのほか少なく済んだのでよかったです。

とはいっても、38℃の熱で何度も旅行会社に電話をするのは辛かったです。
とくにはじめの担当者の態度、理解力、説明が悪く、一度はキャンセルせずに全額を自分がかぶるつもりで電話を切りました。
「それなら、相部屋している知り合いに部屋を提供しよう」とホテルに電話を入れたことから、再度Expediaに連絡を取ることになり、別の担当者が私のしんどそうな声に同情して2度もホテルに掛け合ってくれた結果、ホテルのキャンセル料はゼロで返金してくれることになりました。

4ヶ月ほどまえに取ったサンフランシスコからシカゴまでの往復、4つ星評価のホテルに5泊で税込み、1500㌦ほどのうち、1200㌦の返金、そして300㌦の航空券クレジットが返って来ました。旅行会社への手数料はこの300㌦クレジットを使用する時に150㌦差し引かれるということでした。

それにしても、Expediaという会社に対する印象が担当者の応対で180度変わりました。

私も、家族を代表していたり、ラボを代表していたり、スタンフォードを代表していたり、教会を代表していたり、いろんなところでいろんな代表をしているのだと思いました。クリスチャンとしては、私のちょっとした行動がキリストに対する評価につながる可能性もあり、その評価が、その評価を下す人の永遠の行き先に影響を与えることもあるのだと考えさせられもしました。

| | コメント (2)

2009年2月24日 (火)

アメリカでの歯科治療

先週の金曜日に近くの歯医者さんに歯科検診に行きました。

”わーだめだめ。お子たちは奇麗に磨けてるのに(もちろん磨いているのは親です。)全然じゃん。”

ということで、今日は第一回目の虫歯治療。

抜歯ではないのですが、ヘッドダウンで寝かされて、麻酔。
最近出て来たお腹におされて、ちょっと息が苦しいのに加えて、麻酔にエピネフリンを追加、しかも聞きが悪かったのでさらに追加されて、動悸と息切れでしんどくなりました。

「ちょっと緊張してるだけかもしれないけど、なんかしんどいので、起き上がらせて下さい。」

と言って、少し起き上がり、何回か深呼吸。再びヘッドダウンしてからも深呼吸して、ラクになったころに治療開始。ギュインギュインという久々に聞く、嫌な音、詰め物がむちゃくちゃグリグリに詰めこまれていくのを我慢して、なんとか無事に終了。

麻酔で口からあごにかけて腫れ上がったような感覚になりながら、友人と約束していたランチに行きました。職員の方は、治療後すぐにでも食べれます、と言っていたのですが、麻酔が多かったせいか、ちゃんと噛めないし、飲みにくいので、おしゃべりに専念。
それでも、口の半分が麻痺しているので、話しているとよだれが垂れてしまい、ナプキンで押さえつつ喋っていました。

結構痛かったし、後は気持ち悪いし、先生はフレンドリーなのか、コワいのかよく分からないし、果たして、本当に必要な治療なのかどうかよくわからないし。歯医者さん受診をみんなが嫌う原因をすべて列挙した感じですが、一番ネックなのは、最後の”本当に治療が必要なのか”と思うことではないでしょうか?

私も小児科医なので、”相手のフリ見て我がフリなおせ”とも思いますが、小児科医としては、逆に”本当に必要なのか”という治療を患者様から要求されることが多いです。

診察をして、”今の状態なら、薬(あるいは点滴)なしで様子を見れると思います。”といっても、
「前に薬を出して(あるいは点滴をやって)もらって、早く治ったから」という理由で治療を要求されます。

”どうしてもというのでしたら、してもいいですけど、ここからは医療hospitalではなく、サービスwineというものになります。医学的には不要と診察に基づいて判断しているわけですから。”などと言ってしまうことも何度かありました。

結局、治療をするにしても、しないにしてもきちんとした説明というのが大切ですね。

| | コメント (0)

2009年2月13日 (金)

アメリカではじめての健康診断

こちらでかけているBlue Cross HMOではかかりつけ医を登録しておく必要があります。

それで、この保険をかけている人は、かかりつけ医で健康診断を受けておくことで、病気になったときの受診が少しはスムーズになると思います。私はそれをせずに3週間後の予約となり、このドクターとは病気が治った後の受診になりました。っで、今回は大変遅まきながら、こちらに来てはじめての健康診断を受けてきました。

今回は、血液検査、尿検査(ここまでは2日前までにしておく)、体重&身長測定、問診、診察をし、破傷風ワクチンを接種し、ツベルクリン反応をしてもらいました。すべて特に異常なしでよかったのですが、善玉コレステロール(HDL)が低めで、運動不足でしょーと指摘を受けました。

前回の問診で、過去に2回の入院歴があったこと、心臓検査で異常を指摘された経歴、日本では臨床医で、スタンフォードで神経の研究をしていることなど、カルテを見ずとも覚えてくれていました。

「たくさん患者さんがいるのによく覚えているね」

と言うと、”ここまで、ユニークな経歴(病歴)をもった人は珍しいからね”と言われました。

仕事柄、たくさんの病気の子ども達を診察して来たので、大人になるまで一度も大きな病気や怪我をせず、異常を指摘されたこともなかったこと自体が珍しいと思っていたので、入院した時には、『これでやっと普通になった』っぽくとらえていました。もちろん、医者になるまえまでは、健康で当たり前と思っていたので、立場が変われば見方も変わるものだと思いました。

| | コメント (0)

2008年11月18日 (火)

アメリカでの眼鏡の購入。

最近、眼鏡に傷が多くなったことと、去年の自動車免許試験で、左目の視力検査でダメだしをもらっっていたので、仕事の合間に眼科検診に行って来ました。こちらの眼科は、眼科クリニックと眼鏡屋さんをくっつけたような感じの作りになっていて、クリニックという感じがしません。

数年前に左目の角膜を傷つけてしまったことや昔からある飛蚊症のことを検眼士(Optometrist:こちらのOptometristはかなり医学的知識が豊富みたいです。)の方にお話し、視力検査と角膜の観察、そして散瞳薬を使っての眼底検査をしてもらいました。角膜はすでに修復しており、視力に影響するような傷ではないこと、網膜にも病変なしでした。
眼鏡の調整もしてもらい、さあ終わり!というところで、再度眼底検査。

ちょっと詳しく観察すると、どうやら視神経近辺の所見が緑内障を疑わせるものらしいのです。左の(たぶん)C/D 比が右よりも大きいことから一応、再度、設備の整っている他の眼科にて視野テストと眼底観察を受けたほうがよいとのことでした。これは、たとえ緑内障があっても点眼薬でコントロールできる初期の初期レベルのようなので、しっかり検査だけ受けて来ようと思います。

こちらの保険は、眼科検診だけでなく、眼鏡やレンズも一部は保険の対象になるので、本来は700ドル以上するところ200ドルちょっとで済みました。
来週から、久々の新しい眼鏡になります。フレームは実は今の方が気に入っているのですが(チタン製の終身保証)、保険も利くし、注文してみました。でも今回は妻がいなかったので、ド近眼のため、フレームをかけた感じがちょっとわからず、眼鏡士(女性)の感想を信じて決めてしまいました。でも、出来上がりが、ちょっと楽しみです。

| | コメント (0)

2008年10月28日 (火)

健康保険 (Blue Cross HMO)についての誤解

もう1年間以上こちらで暮らしているのに、知らないこともまだまだあります。

私たちスタンフォードのポスドクはBlue Cross HMO/PPOという保険会社から健康保険をかけるときに大学から補助がおります。私がかけているHMOは安いのですが、かかりつけ医にしかかかれません。専門医の診察が必要かどうかはこの”かかりつけ医”(ところで、小児科の外来をしているととくに夜間救急で、”行きつけの医者にこの薬もらったんやけど・・・”とか言われる親御さんがいらっしゃいますが、小児科クリニックは居酒屋ではありませんので、”かかりつけ”と言って下さい。)の判断により紹介された場合にのみ受診ができます。PPOは少し高いけど、自由に診察をしてもらう医者を選ぶことができるので便利です。

また、かかりつけ医を決めるにもあまり情報のソースがなく、実際はクリニックの近さや男か女か、西洋の名前かアジア系の名前かくらいしかわかりません。しかも、一般的に言って、人気のあるドクターはたいていPPOしか受け入れてくれません。(どうもPPOの方が収入は良いらしいです。)

さて、数ヶ月前に自分がかかりつけに指定した医師に健康診断をしてもらおうと電話をすると、
クリニックの人「もうこの保険からは、新来患者はとっていないので、他のドクターをピックアップしてください。○◎先生と、○△先生と◇●先生が今のところ受け付けていますがどれにします?」
hide-tan"かかりつけ医は勝手に何回も変更出来ないと聞いたけど、いいの?”
クリニックの人「こういうケースでは変更と見なされないので大丈夫です。誰でも好きな先生をピックできます。」
hide-tan”そしたら、2番目に言ったナントカ先生にしてください。”

それで、そのナントカ先生のオフィスに電話を回してもらい、そのナントカ先生のナースに電話を回され、そこで、ナースとの連絡がとれず、結局そのまま宙ぶらりんのままになっていました。

それで、数ヶ月後に病気になったわけです。
自分がまだかかりつけ医を決めていないことを思い出し、スタンフォードのBlue Crossのリストの中から、別のクリニックに電話を入れて、かかりつけ医を登録し、予約を入れました。ちゃんと保険カードの情報も伝えたし、万事OKと先週受診をしたのですが、

『登録クリニックの名前が違うから、この保険は効かないです。今日キャンセルしたら75ドルのペナルティですし、診察を受けたら実費です。どうしますか?』

”誰でも医師を選べる”ということを同じリストのシートに掲載されているクリニックの医師なら誰でもよいと理解していたのですが、もともと登録したクリニック(複数の開業医の共同診療所みたいなもの)の医師から選ばないといけないということだったようです。

75ドルのキャンセル料ってどんなやねん!と思いながら、保険会社が理解してくれて、カバーしてくれることに一抹の望みをかけて、このまま診察を受けることにしました。なので、検査はせずでした。

それで、今日、保険会社に上記のややこしい事情を話すと、”変更は11月からしかできない”と言われ、『なんとかならないか?』と詰め寄り、一応、10月から変更ということで働きかけてくれることになりました。でも、ダメかも。
何のために毎月高い保険料(子どもがいる場合なので、トータル10万円くらいの保険料のうち毎月4万円近くは自己負担です。)を払って来たねん!と思い、文字通り泣きつきました。(;ω;)(本当に泣いたわけではないですよ、念のため。smile

こういうケースはあまりないかもしれませんが、HMOの保険でかかりつけ医を登録し直す必要があるときは必ずカードに記載されているクリニックに電話をして登録してくださいね。

*******************

ところで、この記事で、500件になりました。

先日、このブログの読者の方に直接お会いする機会があり、”本当にこのブログに、いろいろ助けていただきました。他にも助けられている人がたくさんいると思いますよ。”と言っていただき、とても励まされました。

でも、最近はあまり有益な情報という記事は少なくなったかもしれません。

結構プライベートなこともあえて公開して、恥ずかしいブログですが、そんな等身大のポスドク留学生の日常を垣間みることで、同じようなことで困ったり、悩んだり、失敗したり、また楽しんだり、エキサイトしたりしてるんだなーと心細く留学されている方々には、少しでも安心していただけたり、留学をお考えのかたにちょっとしたアイデアを提供出来たら良いかもと思っています。

祝500件!
今後ともよろしくお願いします。happy01


| | コメント (2)