生活のセットアップ

2009年2月13日 (金)

アメリカではじめての健康診断

こちらでかけているBlue Cross HMOではかかりつけ医を登録しておく必要があります。

それで、この保険をかけている人は、かかりつけ医で健康診断を受けておくことで、病気になったときの受診が少しはスムーズになると思います。私はそれをせずに3週間後の予約となり、このドクターとは病気が治った後の受診になりました。っで、今回は大変遅まきながら、こちらに来てはじめての健康診断を受けてきました。

今回は、血液検査、尿検査(ここまでは2日前までにしておく)、体重&身長測定、問診、診察をし、破傷風ワクチンを接種し、ツベルクリン反応をしてもらいました。すべて特に異常なしでよかったのですが、善玉コレステロール(HDL)が低めで、運動不足でしょーと指摘を受けました。

前回の問診で、過去に2回の入院歴があったこと、心臓検査で異常を指摘された経歴、日本では臨床医で、スタンフォードで神経の研究をしていることなど、カルテを見ずとも覚えてくれていました。

「たくさん患者さんがいるのによく覚えているね」

と言うと、”ここまで、ユニークな経歴(病歴)をもった人は珍しいからね”と言われました。

仕事柄、たくさんの病気の子ども達を診察して来たので、大人になるまで一度も大きな病気や怪我をせず、異常を指摘されたこともなかったこと自体が珍しいと思っていたので、入院した時には、『これでやっと普通になった』っぽくとらえていました。もちろん、医者になるまえまでは、健康で当たり前と思っていたので、立場が変われば見方も変わるものだと思いました。

| | コメント (0)

2007年11月30日 (金)

届かない!?運転免許証

実技試験をパスしてから、2ヶ月を経過しても免許証が届かないのでDMVに電話をいれたところ、「あなたの住所などのIDを確認する作業に手間取っている。時には6ヶ月かかることもあるので、待つように。」と言われました。”早くもらえるように追加書類などが必要ですか?”と言っても、「ただ待ったいて下さい」とのこと。といっても、私の仮の免許証の有効期限は12月18日。それを伝えると、「発行してもらったRedwoodのDMVに行って有効期限を延ばしてもらってきなさい。」とのこと。

なんじゃそれ??と思いつつもここはアメリカ。そんなこともあるのかと思い、待つより他ありません。
それにしても6ヵ月って・・・・。

(写真:ムービングセールで子ども用の本棚とおもちゃ棚が手に入りました。普通に買えば3倍以上の値段なのでラッキーでした。)

4742

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月29日 (土)

固定電話/ケーブルTV/インターネット

一昨日ですが、ようやくITサービスの人が来てくれて、固定電話とケーブルテレビとインターネットの設定をしてくれました。工事は10分ほどで済んだようで、私が連絡を受けてラボから家に戻るといなくなっていました。固定電話は妻がよく使用するFAXのために置いたようなものですが、私の携帯にかけてもらうと"Blocked"になってしまっています。電話番号を妻が聞いていなかったので、ITサービス(5-HELP) に電話すると、「インターネットと携帯しかわからない。どこに聞けば良いのかもわからない」とのこと。とりあえず、その担当の人がみんなにメールを回して聞いてみるとのことを言ってくれましたが・・・・。どうせ誰からもかかってこないなら・・・と言って、妻が電話線のコンセントを抜いてしまいました。

インターネットは快適に使えていますが、ムービングセールで購入したat&tの無線LANのモデム($20→15)はケーブルインターネットのためか、使えないようです。

ケーブルテレビもきれいに映りますが、今のところ、pat&keiさんが帰ってからはだれもテレビをつけていません。
私としてはチャンネルが多すぎてどれを観れば良いかわからない状態です。

無線LANとテレビはともかく、やはり電話番号は困ります。月曜日まで待ってから返事がなければ再度電話したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

カリフォルニア運転免許所得!

今日、DMVで実技試験を受けて、無事に合格しました。

私の試験管は、東南アジア系の強面の女性の方で、ガムをくちゃくちゃしながらの試験でした。
発進前の確認で車の動作を一通り確認し、手信号の出し方をしめしたあとで、車を発進。
指示どおり走るだけですが、大体は昨日の練習通りの道でした。小さな箇所では15ポイント間違えると不合格ですが、私は5カ所のチェックを受けました。それは、制限速度オーバーが2カ所、優先道路での減速が3カ所でした。幅寄せで、緊張してちょっとタイヤをこすったことは減点にはなりませんでした。

速度オーバーの原因は、
1:スピードメーターを見ていると前がおろそかになりそうなので、「体感速度」を頼りにしすぎた
2:周りの車の速度につられて、つい、いつもの調子で走ってしまった
3:緊張していたので早くコースを終えたかった

の3点です。また優先道路でもやはり交差点は減速して確認したくなります。これは日本で培った安全運転の後遺症なので、仕方なかったでしょう。日本では「とまれ」サインで完全に停まってくれることを期待しないのですが、こちらは交差点の「STOP」サインは赤点滅信号(完全にストップ!)、それがないほうは黄色点滅信号と考えた方がよさそうです。

緊張の面持ちで実技試験を待つnori-tan(写真)でしたが、彼女は不合格でした・・・。
昨日の練習で混乱のあまりに赤信号で行ってしまったnori-tan。今日は逆に慎重のあまり?青信号で停まるくらいまでに減速して左右を確認した時点でアウト!だったようです。「優先道路で減速したらあかんで!信号に気をつけて!」という私の直前アドバイスがまったく効きませんでした。いつもの運転はnori-tanの方が落ち着いていて上手なのですが・・・。ショックでしたが、もう一度、コースを練習して反省会をして帰りました。

私としては、「200本安打は達成したけれども、チームが負けたのは悔しいです。」とコメントするイチローのような気持ちです。DMVの職員からは「日本から来て1回でパスしたの!?やるわね。」と褒められたので、落ちることは日常茶飯事なのでしょう。nori-tan、ドンマイ!


Img_0025

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水)

”持病”がバレたかも!?

今日は、朝5時過ぎに起きて、用意をして小学校に連れて行ったにも関わらず、行くと担任の先生が休みということで明日、再度行くことになりました。拍子抜けの一日の始まりでした。

今日は実験とフェローシップ申請の不備を直すことを併行させようとしましたが、以外と追加書類の作成が面倒だったので、実験は途中で止めてしまいました。延長してもらった締め切りの1時間早くできたので、kasonに書類をもらいがてらと彼女とミーティングをしました。

1:ラボのコンピュータ(マック限定)係に任命。
これは、最近ウインドウズユーザーが増えて来たためにラボのコンピュータがマックなので、長年のマックユーザーである私がいろんな設定を手伝ったためと思われます・・・。
2:動物(主に遺伝子改変マウス)の管理係(研究助手のchieをサポート)に任命。
今まで多くの動物を扱ってきたこと、、今後も扱う可能性があること、動物実験の申請におけるやり取りからある程度の規則は把握していると思われたから?
3:ラボミーティングのオーガナイザーに任命。
これは日本でも私がやっていた役回りでした。2、3回お知らせメールをチャチャッと送ってしまったから、この「持病」がバレたのかもしれません。kasonの人を見る目に感心しつつ、日本でもやっていたというと、"Yeah, I think you're well organized."とうまく乗せられました。
4:修士院生(6ヶ月)のスーパーバイザーに任命。
ドイツからやってくるkrisに動物実験を教えて、ひとつのテーマを与えて仕事をこなしてもらうことになりました。これなら私の仕事も進むし、結果が出やすい実験なので、彼にとっても有意義だし、一石二鳥だと思います。

以上の役割を言い渡されました。

私から、ラボの取り決めを書類にしたい。光学顕微鏡を研究室内に1台置きたい。(今は顕微鏡室にあるのでちょっとのぞきたい時なども顕微鏡室まで少し歩いて、鍵を開けて、コンピュータとつながった高価な顕微鏡をのぞきにいかないといけないのです。)という要望を出して、これらはOKが出ました。

フェローシップ申請もお情けで受け付けてもらい、ほっとしたところでアルツハイマー病のセミナーに出席。アルツハイマーの前段階での臨床診断とバイオマーカーについて臨床の側面からの話でとても分かりやすかったです。

夕食にラボのポスドクのjaneを招待し、これから免許の試験を受ける彼女も一緒に明日のDMV(カリフォルニア運転免許事務所?)のドライブテストの下見に行きました。私と妻nori-tanが交代で1回ずつ練習しましたが、私はいくつもの原点で落ちそうで、nori-tanは大きな原点で落ちそうな感じでした。まあ、明日は準備不足も含め、今の実力?を出し切れれば・・・と受験生のような心境です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

minoriの予防接種とかかりつけ医

今日は、午前中にサニーベイルにある保健センターまで行き、minoriに予防接種を受けさせました。

DT(ジフテリア、破傷風:5回目)とB型肝炎(初回)とポリオ(注射は初回)の混合ワクチン
MMR(おたふく、麻疹、風疹)の追加(2回目)と水痘の追加(2回目)の混合ワクチン
を3本に分けて、注射を受けました。minoriは6歳にもなって、暴れまくっていましたが、やはり3本となると、さすがに痛そうでした。

それにツベルクリン反応テスト。
BCGを注射するアジア諸国出身の人たちは陽性が出るとBCG接種の有無に過関わらず胸部レントゲン+抗生物質内服をさせられるケースもあるようです。CDCのガイドラインにもそのように勧告されてるので、これを反論の盾に持ち出すことはできません。防衛策としては日本人医師を探すか、抗生物質を内服したフリをするしかなかったのですが、最近ではBCG陽性者と結核感染者の区別を可能にするQuantiFERON®という血中のインターフェロンのレベルを測定する方法があるようです。
しかし、そのようなものは保健センターには無いようです。BCGを射っていても陽性が出るとは限らないので、陽性が出たら、小児科医に行ってリクエストしようと思います。

来週はかかりつけ医に行って健康診断を受けます。これもHMOで登録したはずの医師が新規患者を受け入れていないとのことで、何度も電話をして、登録医師を変更し予約を入れました。1週間先ですが、それでもまだ早い方だそうで、この子達、病気になったらどうしようと、小児科医の私なのに(小児科医だから?)思うのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

ようやく家らしく・・・。

iPhone で撮った家財道具の写真です。
今日、ソファーとランプ、テレビをムービングセールで入手し、ようやく家らしくなりました。運び込むのが大変!!と思いきや、売り手側の方が、トラックも人手も手配してくれていたので、助かりました。Img_0001
Img_0002

ところで、今まで家賃の支払いの事など気に留めたことがなかったのですが、今日、「家賃が未納ですよ!」というメールがきました。えらいこっちゃ!と慌てて小切手をもってオフィスに行きました。今回だけは、滞納料金(家賃の5%)を許してくれました。あーよかった。

その小切手が落とせるように今度はCITI BANKで多額の金額をATMで引き出し、それをWells FargoのATMへ。やりかたが間違えていたようで、入力した預け入れ金額と、実際に入れた額に差異が生じたので、銀行に入りました。(ここは6時まで営業。)正しい方法をもう一度確認し、銀行が開いている時間帯は手持ちで銀行の中に来て預け入れをするように念を押されました。なんでもATMでさせようとし、ずらりとATMが並ぶ日本の銀行とはだいぶ雰囲気が違います。銀行の中もサロンのような雰囲気で、人もまばらで、ソファーでくつろげます。ついでにソーシャルセキュリティーナンバーを登録してもらいました。そして、今まで自分がクレジットカードつきのデビッドカードと思っていたのが、ただのクレジットカードであることが判明したり・・・。

今日はiPhoneのactivationの成功から始まり、待っていた日本からの最終便も届き、家具も入り、妻と娘達はインターナショナルセンターの集まりで楽しくすごし、とても良い一日となりました。夜はSさんのお宅に再びお邪魔し、国際電話で双方の両親に電話することができ、みんな満足でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

日本人向け? リサイクルショップ

本棚、プリンター、電話などを探しにKurashidoという日本人の方が経営するリサイクルショップに行って来ました。ダイニングテーブルやテレビなどは、結構良いものがありましたが、これらはすでに購入しており、肝心の欲しかったものは、大きさや状態、質、値段に難があり、あきらめました(プリンターのみ、その後すぐにBEST BUYで購入)。店内はいろんなものがごちゃまぜに陳列されていて、どこをどう探せば・・・という状態でしたが、日本製の古びた家具もたくさんあり、駐在員の方が日本のものをそのまま持ち込んで、ガーッと売って帰ったような構図が浮き彫りでした。それを象徴するように、アメリカ生活に関する本や英会話本、ビジネス関係の本も日本から持ち込んでいらなくなったというものが古本コーナーに置かれていました。

帰る時に、ムービングセールで売れなかったものはこういうお店で引き取ってもらえばいいみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月30日 (木)

現金の引き出し、車の保険

一昨日、日本の中古車ディーラーから日本車を購入しました。『2日で納車できます!』と言われたものの、保険の契約と現金の用意が間に合わず、結局、3日後の明日に納車になりました。

現金の事前の用意と保険会社の見積もりをもう数時間、早くしておけば、今日、車を手に入れられたのにと思うと少し残念です。

(アメリカでの現金の引き出し)
最近は日本の銀行のキャッシュカードでアメリカのATMでドルで引き出せるものが増えています。しかし、たとえば三菱東京UFJでは1日に$800程度しか引き出せない、為替手数料がかかるなどの問題点があります。その点で、4年程前に留学の願掛けのためにアメリカの銀行の口座を開いておいたシティバンク(CITI BANK)はアメリカ専用の米ドル普通預金口座というものがあり、あらかじめそこへドル建てのお金を置いておくと、為替手数料を気にせずにATMで現金を引き出せます。ただし、1日の限度額は$3000。この限度額を知りませんでした・・・。というか、このカードで窓口で多額のお金を下ろせるものと思っていたらCITI BANK JAPANとCITI BANKは別の銀行ということみたいで窓口に行くと、ATMに行くように言われました。
そこで、先週、口座を開いたWells Fargo Bankという銀行に行き、がさっと持って来た現金+トラベラーズチェックを入れておいたチェックアカウントからほぼ全額を小切手にしてもらいました。これで、明日もう一度$3000を引き出せば、ギリギリで支払いが出来るようになりました。

もっと良い方法はCITI BANKからインターネットでアメリカの自分の口座に振り込んで、アメリカの銀行で小切手を切るというものでした。ただし、CITI BANKでは、海外送金先申込書みたいなものを郵送しないといけないので、送金が可能になるまで1〜2週間かかるのです。なので、アメリカで100万円以上する中古車(あるいは新車)を買うのであれば、

1:CITI BANK(最近では郵便貯金も?)のように海外送金サービスがスムーズに行えそうな口座を渡米前に用意しておく。
2:着いたらすぐにアメリカの銀行で口座を開き、送金先に指定する。
3:日本の口座を円高の時に外貨預金にしておき、アメリカで少しずつ現金を引き出しておく(ATM手数料に注意して1回に引き出す金額を最大にする)。
4:送金ができるようになれば、すぐにアメリカの口座へお金を移しておく

ここまでを車の選定と併行して行うべきです。私はこの4つのステップのうち、1.5くらいまでしかできていませんでした。渡米前の方はご注意を!

(車の保険)
私の場合、昨日のブログで書いたように、JFCを通して、AIGIS(AIGインターナショナルサービス)の自動車保険に加入しました。安いと聞いていましたが、ここはアメリカ。事故を起しても、相手が保険に入っていない可能性がありますし、窓を壊されて中身が奪われるような可能性を考えなければなりません。(このあたりは大丈夫と思いますが)自分の車、自分たちの身を守るために、最低限のものを付加しなければならず、運転歴がアメリカでないので、保険料が高くなります。AIGISの保険も日本のときの倍ほどだったので、AAAにも見積もりを出してもらいましたが、さらにその1.5倍ほどでした。正直に話すと、条件を揃えて見積もりを作り直し、「この金額はうちでは出せません。他の保険とセットになっていてお安くなるなら、AIGで悪い噂は聞かないので、そちらにされてもいいでしょうね。」と言ってもらえました。

この車両保険は乗る車が決まらないと見積もりや契約はできないのですが、予算の立て方も大事、保険もだいたいの概算でいくらくらいになるかの情報も入手しうたほうがスムーズかもしれません。ただ、JFCで入る損害補償の保険などは、AAAの方が安かったりするので、トータルにすると、あまり変わらないかもしれません。うまく安い方どうしを組み合わせるか、あるいは、セットでディスカウントを得るかのどちらかを検討したらいいですね。

(インターネット、ケーブルテレビ、固定電話)
スタンフォードのITサービスに電話して、上記3つのサービスのセットをお願いしましたが、「工事は2週間後」と言われました・・・。今は引っ越しシーズンで忙しいかららしいですが、まあ、そうなれば、テレビも電話機もムービングセールで揃うでしょうから、よしとするか・・・。とこちらもアメリカモードです。(私はもともとアメリカモードかも・・・)

(ソーシャルセキュリティナンバー)
渡米後8日なので、(本当は10日以上が原則だそうですが)Social security officeに行って来ました。申請は受理され、2週間後にカードが発行されるようです。DMVでも、大学でも、どこでも、「SSNは無いか?できたら早急に知らせるように」と言われ続けているので、「電話で早く教えてくれへん?」と聞くと、「電話ではお伝えしません(あたりまえといえばあたりまえですね)。直接、この用紙をもって、2日後に来て下さい。」と言われました。
少なくとも週明けには手に入ります。私にとってはiPhoneのactivetionのために重要です!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年8月28日 (火)

中古車の購入〜堅実な選択〜

今日の大仕事は中古車購入でした。慣れない環境で保険をかけてレンタカーを借りると、1週間で$500近くにもなり、そろそろ本気モードで探さないと・・・と思い、ムービングセールはあきらめて、ディーラーと中古車屋さんの両方に行きました(どちらも日本人セールスマンがいるところ)。片側5車線でビュンビュン飛ばすハイウェイを走ることを考えて、少し、大きめの車をと思い、なんとなく、SUVやバンを購入する気でいましたが、少し大きめの日本車のセダンである2002年カムリ(Kelly Blue Bookのレビューはこちら)を購入を決めました。
アメリカでの日本車の中古価格は一般的に高めに設定されていて、買うときは大変ですが、売るときもそこそこの値がつけられるのが特徴です。セダンでは、とくにトヨタのカムリ、ホンダのアコードは人気で、一回り小さくなると、カローラとシビックが人気みたいです。価格はKelly Blue Book(このあたりでは、このサイトで割り出される価格が適正価格とされています)のSuggested Retail ValueのExcellentの価格でしたが、見たところ傷も少なく、きれいに乗っていたようですので、価格も予算を少しオーバーでしたが、妻nori-tanの「SUVも楽しいけど、アメリカで安心して乗るなら走行マイル数が少ないこれがいいかも・・・。」という現実的な意見もあって、これに決めました。
とりあえず、車の手付金をCiti BankのATM(なんと日本語OKでした)で下ろして支払い、保険の見積もりもJALファミリークラブ(JFC)を通してお願いしました。納車は2日後の夕方(レンタカーもその日まで)にはOKで、これで、アメリカ生活にとりあえず必要な「住居」「車」「(アメリカ国内発行の)クレジットカード」の三種の神器が揃いました。

今日は大仕事で一日をつぶしましたが、それなりの収穫は得られました。

明日の予定:ポスドクのオリエンテーションに出席してIDの申請を行います。その後、ラボの秘書さんにお会いして、給与の手続きや種々のペーパーワークをする予定です。できれば、そのあとでminoriの予防接種に行ければ良いのですが・・・。
明後日の予定:購入車のピックアップ/レンタカーの返却/Social Security OfficeでSocial security numberの獲得/スタンフォードのメールアカウント獲得、スタンフォードのプロバイダとの契約/DMVの実技試験をネットで予約
(日本でも有名な中古車ディーラーで購入しました。一番手前が私達のカムリ。)
Dscf0827_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)